職場に必須?仕事中のおやつのメリット

仕事中におやつを食べる事にだらしないという印象を持つ人は少なくありませんが、実は仕事ができる人ほど仕事中におやつを食べるようにしているとも言われています。この事にはいくつかの理由がありますが、その際たる物が集中力を維持するためだと言われています。

一般的に朝昼晩のご飯の間にも強く空腹を感じる時間というものがあり、日中働く仕事での業務時間の範囲ではでは午前の11時前後、午後の15時前後がそれに該当します。空腹に襲われると人はそちらに意識が向いてしまい、目の前の仕事に集中できなくなってしまう傾向があります。そこで職場であろうとも軽くおやつを食べることで解消し、より効率的に働けるようにしているのです。しかし、仕事中におやつを食べる際のマナーや気をつける点がありますので、そういうところも確認しておく必要があります。

またより効率よく仕事をするためにはどんな業種であれ今までにない工夫をする必要があり、それらを考えるための頭脳労働は欠かせません。頭脳労働ではブドウ糖を消費するため、糖分補給は欠かせないのです。そこで糖分を含んだおやつで頭が働きやすい状態を維持し、工夫や改善案を考えやすいようにしているのです。この際にはチョコレートなどが良いとされています。チョコレートには糖分も含まれている他、カカオの鎮静作用で興奮状態の脳を鎮めることができ、落ち着いて物事を考えやすくする効果が期待できます。またカカオの香りでリラックスすることでストレスを軽減できるため、イライラしにくくもなり高いモチベーションを維持したまま仕事を続けることができるでしょう。