仕事の休憩を利用してリフレッシュしよう

仕事を一生懸命頑張ることも大切ですが、頑張るには限度があります。人間の集中力は約90分が限度と言われ、集中力の限界を超えた場合、仕事をしていてもぼーっとしたり、ミスをしてしまったりする可能性がアップします。質の高い仕事をしたい、そんな時こそ、休憩時間を上手に活用し、しっかりとリフレッシュすることが大切なのです。

仕事は頭を使うものもあれば、肉体を酷使するものなど色々あります。休憩中は、疲れている部分を集中的に休ませることで、効果的に疲れをとることができます。肉体労働の人は体に疲労が蓄積されているので、マッサージやストレッチなどがいいでしょう。血行を促進させることで、疲労回復の効果が期待できます。お風呂に入ることで筋肉痛を和らげたり、疲れを癒したりという効果があるので、身体を癒すために近場の銭湯に行くのも悪くありません。

頭を良く使う頭脳労働者の方は脳が疲れやすいため、休憩中は何もしない時間を作るのがおすすめです。仮眠をすることで気分がリフレッシュしたり、脳の疲れを癒したりすることができ、休憩後の仕事の効率がアップするでしょう。他には、音楽を聴くのもおすすめです。休憩中にヒーリングミュージックを聴くことで深いリラックス効果が得られ、脳を休ませることができるのです。また、脳の疲れには糖分摂取が効果的なので、仕事で頭が疲れている時は甘いものを食べるようにしましょう。チョコレートやラムネを食べることで脳に栄養が行き渡り、仕事がはかどるようになります。